倶楽部MIA105号(2019年10月号)発行しました。

当協会の隔月機関紙「倶楽部MIA」105号が発行されました。

「倶楽部MIA」は、県内の小学校、中学校、高校や各市町村の公共施設、日本各地の国際交流機関や賛助会員の方々へお届けしています。

↓のように、多くの方に読んでいただきたいと心を込めて仕分け作業励んでいます。

P9200004copy.JPG

お手元に印刷版が届いた方はそちらを、そしてブログ読者のみなさんはWeb版をごご覧ください。こちら

さて、今回の倶楽部MIA105号(2019年10月号)では、ベトナム社会主義共和国出身のフン タイン タムさんにインタビューしました。タムさんは明るい笑顔と流暢な日本語で私達MIAの質問に丁寧に答えてくれました。難しい日本語に挑戦することになった理由や出産に向けて着々と準備を進めていくタムさんのお話を伺い、彼女のチャレンジ精神には感服するばかりでした。

4月から宮城労働局で相談員として働き始めたタムさんは労働局でも大いにチャレンジ精神を発揮し、日本で働くベトナム人のために、そしてベトナム人と働く日本人のために奮闘していらっしゃいます。タムさんが築いてくれる架け橋がさらに大きくなるよう、私達も頑張ります!
TJ (過去に"Jさん"がいらしたので変えました)

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、MIAが2019年9月25日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本語講座第一期閉講式を行いました。」です。

次のブログ記事は「ブラジル宮城県人会の皆さんが慰霊碑を訪問してくださいました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。