「倶楽部MIA」104号(2019年8月号)発行しました

当協会の機関紙「倶楽部MIA」では毎号巻頭に、宮城県内で活躍中の外国人/日本人のインタビュー記事を掲載しています。「倶楽部MIA」104号は、台湾出身で仙台市にお住いの曽根昭蓉さん(「宮城県台湾婦女会」会長)のインタビューです。

「倶楽部MIA」104号は、WEB上でもご覧いただけます。2019年8~9月に宮城県内で開かれる国際的なイベントの情報も掲載しています。ご覧になられる方は、こちらからどうぞ。

このブログでは、インタビューの中に登場いたしますものの、紙面のスペースの関係で詳しくは掲載できなかった、「台湾ちまき祭り」について詳しくご紹介したいと思います。

「台湾ちまき祭り」は10年以上前から、ほぼ毎年、「宮城県台湾婦女会」が台湾人留学生の団体と共催で開いている恒例のイベントで、今年は6月9日(日)に仙台市内で行われました。曽根さんからご招待をいただき、私は初めて参加いたしました。

(台湾では、旧暦5月5日の端午節にちまきを食べる習慣があるそうです。インターネットで調べたところ、端午節のときにちまきを食べるのは、楚の政治家で詩人の屈原が入水自殺した後、民衆が弔いのためのほか,魚が屈原の亡骸を食べて傷つけないように魚に米の飯を食べさせるため、端午の節句の日(端午節)に竹の葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが起源とされているようです)

正午前に会場に着いて、調理をしている部屋を覗いてみると、たくさんの方々が、ちまきを蒸すなどといった最終の作業に取り組んでいらっしゃいました。中国語、台湾語、日本語が飛び交い、大変にぎやかでした。800個を超えるちまきを作らなければならないため、前日は9:00~18:00まで調理を行っていたとのこと。具材は、干しエビ、豚肉、ピーナッツ、うずらの卵、干ししいたけ、もち米などで、それぞれ煮たり、炒めたりといった下ごしらえを行った後、竹の葉に包んでタコ糸のようなもので縛り、それを20くらいずつの束にして煮るということで、大変手間のかかる料理であることが分かりました。2日がかりの作業になるわけですね。

chimaki1.JPG
       調理中の皆さん

chimaki2.JPG
       右端は曽根さん

参加している複数の台湾人の方々にお話を聞いたところ、昔は、「端午節」には、親戚の女性達が集まってちまきを大量に作ったものだそうで、作り方や具材は家によって違い、娘や嫁に教えたそうです。現在はお気に入りのお店から買ってきて食べるのが一般的になり、また、端午節のときだけでなく、年中食べられるものになったとのことでした。

午後に行われた交流パーティーには、日本人も含め、140人以上が参加しました。結婚や仕事の関係で日本に住むようになった台湾人の皆さんとその家族、大学などで学ぶ台湾人留学生、台湾人の知り合いに誘われた日本人など、立場は様々なようでした。

最初に、招待客の方々が順番に挨拶し、それぞれ台湾との交流やビジネスの状況の紹介について熱くお話をされました。ちまきの調理は「宮城県台湾婦女会」の会員の皆さんが主に担当していらっしゃいましたが、当日の進行は台湾人留学生の担当ということで、司会進行は留学生が頑張っていました。
 
台湾の観光をPRする動画も流れました。留学生が主催する台湾に関するクイズもあり、台湾で神様にお願いをするときのやり方の実演があったり、端午節のときに行うというゆで卵を立てる遊びに皆で挑戦したりもしました。

chimaki3.JPG
       クイズ中の様子

歓談の時間には、ちまきをいただきました。モチモチとした食感で、非常においしかったです。食べながら、近くに座っていらっしゃった台湾人の参加者にお話を聞きました。例えば、台湾の南北でちまきは大きく異なり、今回提供されたのは南の方のちまきだとか、ちまきをタコ糸のようなもので縛る際にはコツがあり、上手な人が縛ると、きちんと縛っているうえにほどこうとした時にはパッとほどけるものだが、そうでない人の場合はなかなかほどけないため、上手な人が縛ったかどうかはすぐに分かる...など。

chimaki4.JPG
        歓談の時間

参加者は、赤ちゃんからご高齢の方まで様々な年代に渡り、久しぶりに会ったのか手を取り合って話す人々がいたり、気軽におしゃべりを楽しんでいる初対面であろう人々がいたり、とても和やかな雰囲気でした。食べ物を食べながら歓談すると、食べ物をきっかけに話しやすく、またそこから広がる話もあり、とても良いお祭りだと感じたことでした。「宮城県台湾婦女会」の皆さんが、このようなイベントを続けてこられたことに感慨を覚えるとともに、これから先も長く続くことを願ったことでした。


M

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、MIAが2019年7月29日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナマステ 宮城」です。

次のブログ記事は「はじめまして」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。