「国際理解教育」のおてつだい

みなさん、こんにちは。5月から国際理解教育支援事業の担当として着任しました、MAKIです。
生まれも育ちも仙台です。大学卒業後、2年間、ブラジルに住んでいたので宮城県は久しぶりです。そんなことで、最近はまっていることは、宮城県のおいしい食べものとお酒を見つけることです。

私が担当する国際理解教育支援事業は、学校や団体などに外国人講師3名を派遣するものです。2018年度は約50件の派遣がありました。各校や各団体が作成したプログラムに沿って、外国人講師は日本語でお話します。直接、外国人のお話を聞いたり、一緒に遊んだりする時間は子ども達にとって良い刺激になると思います。
ご興味がある方は、MIAにお問い合わせください。

これからよろしくお願いします!

20190521.JPG

OBRIGADA!
MAKI

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、MIAが2019年5月21日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「倶楽部MIA」102号(2019年4月号)発行しました」です。

次のブログ記事は「「倶楽部MIA」103号(2019年6月号)発行しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。