「外国人のための防災講座」in 気仙沼

先日、気仙沼市で「外国人のための防災講座」が開催されました。(主催:気仙沼市、共催:MIA)

ベトナム、ネパール、フィリピン、台湾出身者、日本人併せて30名が参加。
P2240016.JPG
まずは、MIA作成の多言語資料で、防災・減災のための基礎情報を学んでいただきました。

会場は気仙沼・本吉広域防災センターでした。
こちらは防災教育のための施設で、防災・減災について体験的に学べます。

P2240039.JPG
起震装置で揺れの怖さを体験。

P2240050.JPG
こちらは「煙体験」をしているところ。
担当の消防士さん曰く、
「今日はいつもより煙が濃くなっている」
とのことでした。
(ホントに真っ白ですね。これ装置の外側なんですけど。)

P2240076.JPG
これは何をしているかと言いますと・・・

P2240031.JPG
地図を見ながら自宅や職場、最寄りの避難所の位置を確認しているのです。

P2240081.JPG
市役所の方が、あらかじめ各参加者の自宅の場所にポストイットで印をつけてくれていました。
市の防災担当職員や日本人参加者と一緒に
「職場は高台だから安全だね」
などと確認しあっていました。

P2240046.JPG
非常食の試食も。
アルファ米や長期保存可能なパンなど、味はなかなか好評で、
「市内のどこで買えるのか」
といった質問も出ていました。

市の多文化共生推進担当の方、防災担当の方、そして消防署の方と、さまざまなセクションの方が連携してきっちり準備をしてくれたお陰で、中身の濃い研修になったのではないかなあ、と思います。

そして、この週末に開催される「仙台防災未来フォーラム2019」で、この研修に参加したベトナム人技能実習生が登壇し、研修の様子や感想などを報告してくれます。
ご関心をある方、ぜひ、MIA・SenTIA合同のプレゼンテーションをご覧にいらしてください!
(↓クリックするとリンク先のチラシデータが開きます。)
190310_bosaimiasentia2.jpg

(OZ)



カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、MIAが2019年3月 6日 20:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新着図書のご案内(2019年2月)」です。

次のブログ記事は「H30年度学校訪問プログラム 講師研修会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。