予期せぬ嬉しいお客様

ある日のMIA事務所。

それぞれ電話対応したり、パソコンに向かって仕事をしたりしていると、
「失礼します!」
と、入口にお客様が。

どんな用件かな?と思っていると、こちらが声を掛ける前に、
「私は、以前、東北大学にいたときに、お金を貸してもらって、とても助かりました。今日は用事があって仙台に来たので、お礼に来ました!!」
と、来所の目的を高らかに告げてくれました。

事務所全体に響き渡る、実にいい声だったので、MIA職員は一斉に注目。

そういえば、お顔と、そしていただいた名刺のお名前に見覚えがあります。(ちょっと珍しい「高貴な」雰囲気のお名前なのです。)

私費留学生の方が緊急にお金が必要になった時に、無利子でお貸しする「MIA私費留学生緊急支援貸付制度」というものがあるのですが、4年ほど前にそれを利用したTさんでした。

「あの時は、学費が払えなくてすごく困っていたので、本当に助かりました。そのお礼をどうしても言いたかったのです。」

聞けば、今は九州の大学院で研究を続けているとのこと。

次の道に進むための書類を準備するために東北大学に来たところを、パートナーとご一緒に、わざわざMIAに寄ってくれたのでした。

MIA職員一同、びっくり&感激。

MIAの事業を活用して東北大学での勉強をしっかり終え、そして今も研究を続けているとは、私たちにとっても大変に嬉しいことです。

間もなく母国に戻って次のステップに進む予定とのことでしたが、今後のご活躍を心よりお祈りしております!

P7190002_2.JPG
お土産のお菓子、おいしかったです。ごちそうさまでした!

(OZ)

カテゴリ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、MIAが2018年8月31日 19:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「南加宮城県人会便り」です。

次のブログ記事は「シリーズ「相談員さんに聞きました」(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。