東北大学国際祭り

こんにちは、ヒラリーです。

先日の日曜日、7/1に東北大学で国際祭りが行われました!
炎天下の中、私たちMIAもフルメンバーで参加しました。
MIAブースでは、みやぎ外国人相談センターといった活動の紹介やボランティアの募集を行いました。

今回の国際祭りには、白石市、美里町、松島町、蔵王町からもご出展頂きました。

白石市は鬼小十郎祭りのPRや陣羽織の試着体験、折り紙・書道などの文化体験を行ってにぎわっていました。
とりわけ、地面に大きな紙を広げて書道を行う体験はとてもダイナミックでした!
白石.JPG


美里町は着物の着付けや、南京玉すだれの体験を行っていました。
私も初めて南京玉すだれを見たのですが、多くの子どもたちや、外国の方も興味津々で楽しく参加されていました!
美里町.JPG



松島町は東北有数の観光地松島のPRと日本文化の紹介を行っていて、日ごろどれだけ手をかけて世話をしたのだろうというくらい精巧な盆栽を展示されていました。
しかも何と!!それを太っ腹にもくじで当たった方へプレゼント!!!
(いや?私もほしいくらいでした...!)
松島.JPG


蔵王町は蔵王山麓仙台真田武将隊?縁?のみなさんと、観光PRキャラクターのざおうさまが駆けつけ、蔵王町の魅力をPRしていました。武将隊のみなさんは特に外国の方々に、ざおうさまはちびっこ達に大人気であちらこちらで写真を撮られていました!
蔵王.JPG
蔵王さま.JPG


MIAチームは太陽がさんさんと降り注ぐテントの下で、うわ言のように「暑い...暑い...」と口々に呟きながら、何とか乗り切りました。当日外国の方々にボランティアで日本語を教える日本語サポーターのお問い合わせを多く頂いたのですが、ご好評のため案内を切らしてしまうという心苦しい事態に。もしこちらのブログをご覧の方で、もし本当は興味があったのに情報が得られなかったという歯がゆい思いを
された方がいらっしゃれば、是非MIA(mail@mia-miyagi.jp)へその旨メールにてお知らせ下さい!
資料をメールにて送付させて頂きます!!

それから当日は、MIAの日本語講座で勉強する方々も遊びに来てくれました。
後日感想を伺うと、「いくつかの国の料理を食べてみたけれど、やっぱり自分の国の料理が一番おいしかった」とのこと。多くの日本人にとっては普段口にすることがないような各国料理の料理に出会う機会でしたが、外国の方々にとってはふるさとの懐かしい味に再会する機会でもあったんですね。

以上、某屋台で買った料理をウキウキしながら運んでいたら、一つをアリさんのご飯にしてしまったのがとても残念だったヒラリーでした。

カテゴリ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、MIAが2018年7月 3日 14:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「祈りの場所」です。

次のブログ記事は「「まちかどエッセー」後日談」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。