週末の多文化体験

先週末は、国際交流・多文化関係の催しが県内各地で開催され、MIA職員がそれぞれ参加してきました。

私は土曜日は気仙沼へ。

市内の高校で在住外国人を招いての「国際理解セミナー」があり、そのなかで県内・市内の外国人労働者の現状について情報提供させてもらいました。

特別ゲストは市内の企業で働くベトナム人技能実習生のHさんとTさん。
市役所のMさんと受入企業のご協力のお蔭で実現しました。

最新のデータでは、気仙沼に暮らす外国人の実に半分以上が技能実習で来た方々。特に震災以降にその増加が顕著になっています。

そうした話をした後だったので、実習生と直接話をしてもらったのは、高校生にとって地元気仙沼の「グローバル化」を肌で感じてもらう良い機会になったのではないでしょうか。

IMG_4421.JPG
HさんとTさんは、最初こそちょっと戸惑った様子でしたが、次第にリラックスしていって笑顔で高校生と話していました。

そして日曜日は石巻へ。

いつもお世話になっている「国際サークル友好21」主催のワールドクリスマスに出席してきました。

初めての参加だったのですが、想像していたよりずっと大人数、多文化な催しで驚きました。

IMG_4435.JPG
司会はベトナム出身のMさんと、フィリピン人の看護師候補生で、出演者の準備の様子を見ながらの、臨機応援、当意即妙な進行が実に見事でした。

IMG_4442.JPG
フィリピン出身者のグループ「石巻 フィリピン ハワックカマイ」による、リズム感抜群のダンスパフォーマンス。

IMG_4445.JPG
ベトナム人実習生による日本の歌の披露。
歌声はとても素晴らしかったのですが、世代の違う私は、残念ながら何の歌だったのか最後までわからず。

IMG_4456.JPG
「国際サークル友好21」のSさんを囲んで。Sさんはいつも人気です。

Sさんのみならず、当日は友好21の日本人メンバーが裏方スタッフとして大活躍していて、外国人を主役にしたこのイベントを成功させようという熱い思いが伝わってきました。

いろいろな人に会っていろいろなことを見聞きして(あと、「食べて」もあり)、着実に進む宮城の多文化化をまたもや実感した二日間でした。

※石巻のイベントの様子が東北放送のサイトに動画で紹介されています。(おそらくあと数日は視聴可能なはずです。)

(OZ)



このブログ記事について

このページは、MIAが2017年12月19日 19:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家庭内共通言語」です。

次のブログ記事は「大和町おさんぽ...外国人介護人材に関する出張説明会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。