作戦会議!

MIAが昨年度から取り組んでいる技能実習生と地域社会とのつながり作り。
次は小学生との交流の場を設けることを企画しています。

以前からMIA事業に関心を寄せていただいていたA社の実習生ご担当のKさんと、「何かできないでしょうかねえ」と相談していた時に、Kさんが「実習生の寮のすぐ近くに小学校があるんですよね。その学校と何か関わりが持てたらいいんですけど」とポツリ。

私もとてもいいアイディアだと思い、実習生も賛同してくれて、少しずつ話を進めていって、いよいよ今月末に実現の運びとなったのです。

先日、その「作戦会議」を行い、ベトナム人実習生3名とKさんと一緒に、何をしたら子ども達と楽しく過ごせるか、どうしたらべトナムのことを理解してもらえるか、知恵をしぼりました。

IMG_4290_2.JPG
「5年生にわかりやすく伝えるには、どんなふうに言ったらいいかな・・・」
「こんな写真を見せたらいいんじゃないかな・・・」

IMG_42952_2.JPG
箸とボールを使ったベトナムの遊びもみんなでする予定。
(これ、ちょっと文章では説明しにくいんですが、けっこう難しいんです。)

自分の学校の近くに住んでいる人たちが、どこの国から来て、どんな文化を持っていて、どんな風に自分たちの暮らしと関わっているかを、じかに交流しながら知るというのは、子どもたちにとっては、またとない国際理解の機会になるはずです。

技能実習生度に関する新しい法律が今月から施行され、ここ数日、関連のニュースがメディアでも盛んに取り上げられています。

それらのニュースを目にしながら、私はKさんの言葉を思い出していました。
「残業代の不払い等、マイナスのことばかりがメディアで大きく取り上げられることは不本意。実習生はこれからも増えていくので、正しく理解してもらいたいものです。そういうことに努めるのも受入企業の責任だと思っています。」

メディアの言う通り、今回の法改正で実習生を巡る諸問題が根本的に解決されるとは限らないですし、悪意のある企業が存在するのも事実です。

でも、そういう企業ばかりではないことを、私たちMIAは昨年度からの取り組みを通して実感していますし、そして、実習生も単なる「労働者」ではなく、当たり前ですが、人としてのいろいろな魅力を持った存在です。

そういうことにも少し着目して、実習生と地域の人たちとの関係づくりをちょっとずつ進めていければ、と考えています。

そんな思いも込めての今度の小学校での交流会です。

今回の「作戦会議」でだいたいの内容は固まったので、あとは練習を重ねるのみ!
A社の実習生のみなさん、頑張りましょう!!

IMG_42922_2.JPG
頑張るぞー!

(OZ)



このブログ記事について

このページは、MIAが2017年11月 2日 20:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「介護のミライ」です。

次のブログ記事は「さむいさむい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。