「石巻に吹くベトナムの風ーベトナム人技能実習生との交流会ー」を終えて

「石巻に吹くベトナムの風ーベトナム人技能実習生との交流会ー」は、100名を超える方にお集まりいただき、無事に終わりました。

当日の様子はMIAのfacebookに写真をたくさん載せているので、そちらをご覧ください。

この交流会は、石巻市の地域振興課さん、国際サークル友好21さんとの連携で取り組んだのですが、地元石巻でのさまざまな調整は両者にお任せして、MIAはそれ以外の役割を担うこととし、なかなかに良い連携プレーを実践できたのではないかと思います。

でも、もちろん一番の主役は、実習生と友好21の日本語教室の講師の方々。

交流会が終わって、皆さんがどんなことを感じているのか知りたかったので、簡単なアンケートに答えてもらったところ、関わった全員が「交流会を行って良かった」と肯定的な回答をしてくれました。良かった良かった。

ある実習生のコメント:
「とてもすばらしかったです。日本人とたくさん話しました。日本語を教えてもらいました。おきゃくさまにあいさつをしたとき、ベトナム語でシンチャオと言えました。しあわせです。」

「しあわせです」なんて言ってもらえて、こちらもしあわせです(!)

そして、準備から関わってくれた講師のコメント:
「準備に約1か月かかったのですが、その間の話し合いそのものが非常によい学習になったと思う。日本語での準備、日本語を使ってベトナムの文化、地理、その他を表現することの大変さを努力でやりとげたこと自体すばらしいと思う。」

本当に実習生の努力には目を見張りました。そして、それを根気強く支えてくれた方々もすばらしいと思います。

このコメントにあるように、「交流会」といっても、その時だけの「お楽しみ会」ではなく、日本人、ベトナム人、そしてそれ以外の国の出身の方々が集まって、日本語であれこれ話し合いながら準備を重ねていった、そのプロセスにも大きな意味があったのでは、と考えています。

地域の人たちに実習生のことを知ってもらう、というのが第一の目的で行ったこの事業ですが、それ以外に、企画・準備をしてきた側にもプラスのことがあって、それを感じての「交流会を行って良かった」という皆の感想なのであれば、とても嬉しく思います。

(OZ)


以下、FBには掲載できなかった、交流会前日夜の調理の様子です。(友好21の方に写真データをもらいました。)
IMG_0770.JPG
ベトナムでは男性もしっかり料理するみたいです。

IMG_0792.JPG
フォーのスープは丸鶏を使いました。私が「インスタントのスープのもととか使えないんですか?」と聞いたら、「そんなのあり得ない!」とのことでした。失礼しました!

IMG_0824.JPG
デザートのおだんごをみんなでこねます。

IMG_0785.JPG
仕事が終わってからの夜遅くまでの作業、本当にお疲れ様でした!



このブログ記事について

このページは、MIAが2017年10月16日 19:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アウェイ感」です。

次のブログ記事は「免税品が返品できない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。