ドーナツ事件

 夕刻、内線電話が鳴りました。出ると、MIAが入っている合同庁舎の施設管理担当からでした。

「そちらで、ドーナツ頼んでませんか?」

 あまりに藪からスティックな質問で、全く面白いリアクションができず(必要ない)、いえ、ふぁい、はあ、と間抜けな返答をしてしまいました。

 ややしばらくして、館内放送が流れました。どうやらドーナツ200個が合同庁舎から注文されたみたいです。むむむ、狂言の臭い。

 最近、レストランを予約しておいたのに当日現れず、お店に多大な損害をもたらす案件が頻発し、特に外国人旅行客の中にそういう方がいるようで、メディアで取り上げられています。また、その対抗策として電話番号のブラックリストバンクがあるとかで、話題になっていました。

 ひとを見たら泥棒と思え、ではけしてなく、数のうちには残念なことを(意図して)する人もいるという前提に立って、何らかの対策が必要かなと思います。

 予約のときにクレジットカード番号をもらうとか、すぐには良案が浮かびませんが、少なくともサービスを受ける側と提供する側が対等な関係でありたいものです。

 ところで、昨日のドーナツどうなったのかな?ドーナツに幸あれ!ドーナツ屋さんにも幸あれ!



とーます
※ドーナツはきらいじゃないんですが、カロリーが高すぎて最近はご無沙汰していますかね。
※カロリーって30代まではまるで考えたことありませんでしたが、そしてそれゆえ激しく増量していたわけですが、代謝が悪化の一途をたどるおぢさんとしては軽視できないものとなっていますです、はい。
※夏はばてちゃいられないと思って過食傾向となり、だいたいいつも過剰摂取して増量します。学習機能は全く進化しないばかりか、劣化の一途です。
※だってこの時期、自家菜園のとうもろこしやら枝豆やらがわんさかできて、夜な夜なそれの消費に努めているんですもの、おほほほほ。

このブログ記事について

このページは、MIAが2017年7月25日 17:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インドネシア語の保健・医療通訳サポーターの自主学習会がありました」です。

次のブログ記事は「夏休みも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。