耳から覚える日本語

日本語夜間講座のT先生が「OZさん、これ見てみてください!」と、学習者のAさんが書いたワークシートを持ってきてくれました。

 (「ーんです」を使った会話文を作る問題)

 A:このりょうりは、おいしいですね。だれがつくったんですか。

 B:私がつくったんです。

 A:そうですか。まじ上手ですね。

「まじ上手ですね」(!)

若い世代が使う日本語としては、ものすごく自然。まじ自然。

耳から覚えたに違いない表現を巧みに取り込んで文を作ったその柔軟さに、ちょっと感動しました。

これを書いたAさんは20代前半の技能実習生。

もしかしたら、実習先の職場で耳にしたのかもしれないですね。

終日の立ち仕事の後で日本語講座に通ってくるのは、なかなかに大変なことに違いありません。

それでも休みなしで出席していて、学ぶ意欲の高さはお墨付きです。

口語的な表現の使い分けも、きっとすぐに覚えてくれることでしょう。

(OZ)

P1020905_2.JPG



このブログ記事について

このページは、MIAが2017年6月 7日 18:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うみの杜水族館とアウトレットパーク」です。

次のブログ記事は「日系人の思い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。