2016年8月アーカイブ

あらしのまえのひるに

 夏休みが明け、本日からMIA日本語講座再開の予定でしたが、大型台風史上初の東北上陸とかなんとかで休講となりました。昨日中に決定し、受講生全員にご連絡しましたが、ひとりだけどうにも連絡が取れなかった中国人Lさん、さきほどひょっこり現れました。

「昨日何度も電話したんだけど・・・」
と這いつくばって弁解したら、

「あれ、私の電話には来ていない、番号確認しましょう」
ということで学生カードを読み上げました。

「ぜろきゅうぜろ」
「あ、それだ」
「なになに?」
「わたしの番号、ぜろはちぜろ」
orzご本人の書き間違いでした。こういうこともあるから、「通報訓練」をしないといけないかもしれませんね。

 さて、そんなあらしのまえの日にめずらすいお客さまが。

P1020495.jpg

 昨年度MIA日本語講座で勉強していたSくんとKさん。ふたりともそれぞれ中国の中学を卒業してから来日し、わずか1年弱で日本語を習得し、今年四月から晴れて高校生となりました。

 高校の文化祭の関係で月曜日が振替休日になったとかで山形に住むSくんが仙台に出てきて、Kさんたちと一緒に「お化け屋敷」に行くのだそうです。わお、青春。

 にしても、きみたち、日本語でふつうに話をするようになったねえ、えらいねえ、おぢさんうれしいよ、と思っていたら、

「とーますさん、白い髪、増えました。」
と、Sくん。

 おぢさんの感傷などもろいものです。

「お化け屋敷行くって言ってたけど、替えのパンツ持ってきたか?」
と、大人げないことこの上ないのでした。


とーます
※中国の若者はQQという中国版LINEを使ってコミュニケーションをとるのだそうです。「いまの若い人は・・・」と言い出したSくんに間髪入れず「おまえが言うな」と突っ込んでしまう大人げないマックスでございました。

インターンシップ最終日!!



こんにちは!


初めまして。

宮城県の某女子大学に通っている、「F」と申します。


8月8-19日、インターンとして

MIAにお世話になりました!



なんと今日は...

インターン最終日なんです...。



本当にあっという間でしたが、

とても濃く、素晴らしい経験をさせていただき、

毎実習、新しい発見の連続でした。


このブログで全ての事を語るとなったら、

きっと1ページには収まりきらないと思うので、

やめておきますね♪



私自身、初めてのインターン。(緊張)

初日からやってしまいました...。


私、集合場所を間違えてしまったんです。

















.......(゜  Д  ゜)ハッ


本当にご迷惑をおかけしました。



しかし、MIAの職員の方々は、

遅刻してしまったにも関わらず、

温かく迎え入れてくださいました。



そんな初日を迎えた私でしたが、

日に日に実習を経験し、

MIAの職員の方々と接する機会も増え、

気づいたことがありました。


それは、みなさんは様々な経歴をお持ちで、

豊富な経験をしてきた人たちであることでした。

だからこそ、MIAの仕事ができているのだ。

簡単な仕事じゃない。


一人一人が必要不可欠であり、

大事な役割を担っている...


と思いました。



私も、国際化、国際交流の面でより理解を深め、

実際に経験を積み、地域の国際化・理解に役立てる人材になれるよう

日々精進していきたいと思います...!!!



語りたいことがありすぎて、

上手くまとまりませんが...


約二週間、本当にありがとうございました!



160819_01.JPG
(スティーブさん、34さんと...)


F

菱餅みたい

2016081211500000.jpg


 なんだって盛夏の盛りに・・・おいおいそれじゃ火事焼けた、頭痛が痛い、と同じじゃねえか。こないだ尽力を尽くすって言っている人がいて驚いちゃったよ。ところで、話のついでだけれど、チゲ鍋、サルサソース、フラダンスなんてのも火事焼けた式らしいじゃねえか。「チゲ」は「鍋」、「サルサ」は「ソース」、「フラ」は「ダンス」ということだから、「鍋鍋」「ソースソース」「ダンスダンス」ってことにならあ。村上春樹の小説は彼の地では「フラフラフラ」となるのか、ならねえよ。

 それはそうと、その盛夏に菱餅ってのも随分と季節感がなくて面目ねえ。ししもちってのはおしなさまの時分・・・いけねえ、江戸っ子は「ひ」と「し」がひっくり返ってしまてよ、「東」は「しがし」だし、「潮干狩り」は「ひおしがり」ってなっちわあ。だけど、その線で行くと「しひもち」となっちまいそうだけど、そうはならんな、なぜだ。

 で、その菱餅だ。幼少の砌によく食った棒アイス「三色トリノ」にも似ているけれど、これは紙の束。10月から開講するMIA日本語講座のチラシがやっと刷り上がったわけ。日本語、英語、中国語、韓国語の4言語のチラシ、それぞれ別の色の紙にしてる。各500枚、この菱餅は2000枚の紙の束でできている。重てえのなんの。

 インターンさんとポルトガル語相談員Vさんの手を借りて、これを仕分けて封入して、県内各所に発送する段が整ったけれど、いまは盆休みで「しきゃく」、いまは宅配というのかい、その宅急便が盆休みで動かねえ。もうすぐみなさんのお茶の間には届かねえけれど、お茶の間近くの公共施設なんかには設置、掲示されるはずだから、お楽しみに。電話、メール一本もらえれば、すぐに送りまっせ。

 MIAはカレンダー通りの営業です。来てくんなせえ。


とーます(江戸っ子ではない)
※今夏の思ひ出。台湾ビールマンゴー風味と麻辣花生(ピーナツ)。タイガーエア機内にて。ビールというよりはカクテルな風情。麻辣花生は花山椒と唐辛子がキリリと効いたピーナツで今回最大のヒットでした。
13906778_1075949405814951_833738376351163164_n.jpg

インターンはかく語りき


めまして、初めまして。
今年の9月から秋田のとある大学に通う予定の Trc です。


えと、そんなに仰々しい前置きを書くつもりはないんですが、
まず最初に、"私はいったい何者であるか"をお話しします。
仙台生まれ仙台育ち、ときに私を「山猿」と呼ぶ人もありますが、
コンビニのない山奥でも仙台は仙台です。

そんな山猿も今年3月にめでたく高校を卒業し、
ただいま9月の大学入学にむけて準備中でございます。

ちなみに、日本語と英語を解します。
山猿にしては意外でしょうか。


て、私はこれまで約1か月の間、
MIAさんでインターンをしておりました。

見も知らぬ猿が突然事務所に転がり込んでくるにあたって、
MIAさんはさぞ肝を冷やした事でしょう。

多大なるご迷惑をお掛けしてきましたが、
それも今日で最後です。

人里で四方八方に無礼を働いた私ですが、
MIAさん、並びに関係者の皆さんのおかげで、
本当に多くの出会いを経験させて頂きました。

山奥に籠っているばかりでは到底知り得ぬ出来事が、
日々宮城の街を飛び交っているのです。


でも私の興味を惹いたのは、
MIAさんのモットー、目標となっている"ことば"でした。

それは、"共助"、"共助力"

字面からも想像がつきますが、
これは"お『互』いに『助』け合う"という事。
いつだったか、課長がこんな事をこぼしてらっしゃいました。

「支援とはあまり言いたくない。
相手を弱者とみなして、一方的に助けてるみたいだから。」

なるほど、と思いました。
これが私が目指すべき道なのかもしれない、とも。


てさて、
〆が思いつかないまま20分経ちました。

尻切れトンボですが、
うまく余韻を残したまま終わりたいと思います。

締まりのない記事ですが、
お読みいただき、ありがとうございました。


001.JPG
(JET-ALT宮城オリエンテーションのお手伝いをしました)



Trc
技能実習生と地域をつなぐプログラム「日本語交流教室」の第3回目が開催されました。

今回は「防災」をテーマとして、日本人の「地域交流サポーター」と一緒に災害への備えについて勉強しました。

P8070011.JPG
まずは東日本大震災時の地元塩竈の様子を動画で振り返り、インドネシア語に訳した資料を使って、備えの大切さについて学びました。

P8070016.JPG
続いて非常食(アルファ米)を試食。

このアルファ米、ハラール認証を取得しているので、インドネシアの実習生も安心して食べることができます。
P8080002.JPG
ああ、それなのにそれなのに、「味付け用に」と用意したふりかけには、なんと「みりん」が使われていて、当然、ムスリムの方にはNGだったのです。
・・・全く、愚かでうかつで軽率な担当者です。本当にごめんなさい。
でも、「みりんはムスリムの方にはNGなんですよ」ということをサポーターの皆さんに知ってもらうことはできたかな?

P8070022.JPG
サポーターのSさんが、ご出身の遠野市でよく作られる「あけがらす」というお菓子を作ってきてくれたので、これもいただきました。
保存食にもなるので、今回のテーマにもぴったりですね。レシピもいただいたので、自分で作ることもできます。

P8070031.JPG
手回し充電式の懐中電灯も使ってみました。
「これは便利!」という声が上がりましたが、願わくは実際に使う機会がありませんように。
通訳のAさん曰く、この懐中電灯についているラジオは、インドネシアでも使えるそうです。

P8070043.JPG
次に、サポーターの助けを借りながら緊急時の連絡先などを書いたメモを作成。
パスポート、在留カードのコピーと一緒に、配布したビニールケースに入れて保存しておくようお願いしました。

P8070074.JPG
そして最後は災害のときによく使われる単語を勉強しました。

P8070062.JPG
発音やインドネシア語での意味を確認した後・・・

P8080006.JPG
こんな名刺大のカードを使って「神経衰弱」式のアクティビティをしたのですが・・・

P8070088.JPG

P8070091.JPG
これが大いに盛り上がりまして、歓声と悲鳴がゴウゴウと湧き上がるほどに。

なんでも、インドネシアには神経衰弱のような遊び方はないのだとか。
「余震」「高台」などの特殊な単語も、少しでも印象に残って覚えてもらえたのならいいのですが。

P8070096.JPG
仕上げは、漢字マスターのSさんによる、「危」という漢字の字源についてのお話。
これで「危」の意味は全員しっかり覚えたはずです。

P8070097.JPG
最後に全員で記念撮影。
あまりに「楽しく」学んできたので、予定時間もオーバーしてしまいました。
お疲れさまでした。

(OZ)


あついぜ

 梅雨がやっと明けて、宮城県も少し暑くなりました。前ブログからまた随分と時間が開きました。いろいろあったんですが、あったはずなのですが、いざ思い出そうとしても不思議と紗がかかったような、いやそんなきれいなものではなくて、南京袋が眼前をひらひらしているような、グワイでございます。ええ、いつものことです。

 先月、今月と難しい相談がいくつか入ってきまして、その対応をしています。世の中はいろんなことがあるなあとこのおしごとをしていると思います。ヒトノヨノフクザツサヨ。そして、そうしたおしごとを通じて、こちらも初めて知ることがたくさんあります。ええそうだったのか、これはこういうことだったのね、へえへえほうほうしている間に1週間ぐらい平気で過ぎていきます。いつもぼうぼうしているからかもしれませんけど。

 今年に入ってから、おしごとの現場で高校の同級生に会うということが2度もありました。いずれもあちらから気付いてお声掛けいただきました。ぼくはひとの名前と顔が全く覚えられないんだなと毎度のことながらも痛感します。それよりなにより四半世紀の経年変容というものは、記憶云々以前のものがございまして、更に頭の中で結びつきません。その体でいえば、ぼくは比較的経年変容が少ないのかもしれません。まだ髪もあるし。薄いのはむかしからで、中学のときに先輩から「なに剃りこみ入れてんだ」と凄まれ、「いえ、天然です」とお答えしたこともありましたので、おでこもあまり変化していないのかもしれません。むかしから広いんです。

 担当ではないので横っちょから失礼しますが、「技能実習生と地域をつなぐプログラム」にも先日スタッフとして参戦してまいりました。若いインドネシアの女性実習生たちがまあ元気で、まあ明るくて・・・技能実習はとかくネガティブなことが語られがちですが、現場、実態としては必ずしもそればかりではないという感じがしました。職場が、世の中が明るくなることは基本的に歓迎されるべきことですし、活力を失いつつある地域、職場が他者の力を得て活力を得ることも悪からぬことです。

 とまあ、いつものことながら日々新しいことが起こり、新しい認識を得ています。あついぜ。


とーます
※こないだの通勤おさんぽ途中のひとコマ。NHK仙台放送局新社屋の建設がどんどん進んでおります。
2016072607550001.jpg

「倶楽部MIA86号」発行しました

「倶楽部MIA86号」(2016年8月号)を発行しました。

以前、インタビューしたことをこのブログでご紹介しましたが、
巻頭ページでご紹介しているのは、東北大学留学生協会(TUFSA)
代表グティエレス・アルパレス・トマス・ホセさん(コスタリカ共和国出身)
です。5人兄弟の末っ子だからでしょうか。親しみやすい、大らかな
ご性格で、TUFSAの活動や学生生活、アルバイト、普段の生活を
通じて感じたことなど、いろんなお話をして下さいました。

トマスさんは、日本に来られて5年になります。
高校卒業後、日本で大学生活を送ると決め、4年前に仙台に来られま
した。トマスさんのお話を伺っていると、専門の物理学の研究以外でも、
ここ宮城の地で、たくましく人間関係を築き、日本と母国それぞれへの
理解を深めていかれた様子が感じられ、うれしく思ったことでした。

そんなトマスさんのインタビューが載った「倶楽部MIA86号」は、
こちらからご覧いただけます。

M

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2016年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。