トラディショナルパンツ

春霞 
視界が霞む
目が痒む

 尋常じゃない量の花粉が舞っているらしく、できることなら眼球を取り出して丸洗いしたい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?へっくしょー。

 国連防災世界会議パブリックフォーラム《3.11被災地に暮らす外国人住民の声》終了後のおはなし。登壇者のみなさんとMIAスタッフとで昼食会をしました。登壇者Mさんご贔屓のフランス料理屋さん。

P3143198.JPG
海鮮ビストロ ヤマライ 一番町 ワンプレートランチ

 さっきパブリックフォーラムが終わったばかりの解放感、疲労感とおいしい食事のおかげで会話がバウンドしまくります。ぼくが、メンズレギンスの話をしたのがまずかったのかな。

「むかしは股引といったものがいまではメンズレギンスと呼ばれているんすよ(これ実話)。」

 この話にMさんが食いつきました。

「これもお食事時の話じゃないけど・・・むかし、わたしが日本人の国民病にかかって入院するとなったとき、入院にあたっての準備物の中に『ふんどし』が入っていました。もちろん、持ってない。だから、とりあえず近くのデパートに行って探したのね。『ふんどしありますか?』って。そしたら、店員が最初はよく分からないという顔をしてたんだけど、少しして『ああ、トラディショナルパンツですね』と言うわけ。こっちも『なにそれ?』って思ったんだけど、持ってきた商品にたしかに『トラディショナルパンツ』と書いてあるんだよ。なんだよ、それ!」

 オーストラリア出身のMさんに分かるように「トラディショナルパンツ」と説明したのではなく、トラディショナルパンツという商品名のふんどし。

 こんなお話を延々バウンドさせつつ、ワンプレートディッシュをデリシャスにイートしました。

 Mさん、素敵なお店とステキなエピソードのご紹介、さんきゅーべりまっち。なんだ、この千昌夫みたいな終わり方。

P3143197.JPG 


メンズレギンス愛用者、とーます


このブログ記事について

このページは、MIAが2015年3月18日 15:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MIAの国連防災世界会議」です。

次のブログ記事は「お荷物になりたくない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。