中学生の職場体験

 今週18日(火)から本日22日(金)まで、仙台市立S中学校2年生のお二人がMIAで職場体験されていました。本日、無事全日程を終えられ、その〆として感想をお寄せいただきました。

2014112008400000.jpg

四日間を通して学んだこと

今回の職場体験は、職員の方みなさんが親切な方で、とても充実した四日間になりました。外国の方のお話では、それぞれの国の文化や国の特色について楽しく聞かせていただきました。みなさん共通して、初めは言葉も話せずカルチャーショックがあったそうですが、今はだいぶなじみ日本が大好きになったそうです。日本語講座では、色々な国の方が授業を受けており、日本語がとても上手で驚きました。外国の方と日本語でお話をしたり、授業に参加してとても楽しかったです。みなさんすごく積極的に発言していて日本語を覚えたいという熱が伝わってきました。そのほかの体験でも、外国人向けの日本語の本のつくりや、いろんな国の国旗などたくさん見る事ができ、とても貴重な体験をさせていただきました。普段学校では見たり、体験したりできないような事ばかりで、楽しく学ぶ事ができたと思います。この四日間は、時間が過ぎるのがとても早くて、あっという間でしたが今回の経験をこれから生かしていければとおもいます。(w.k)

sjhs.jpg
国際交流員からお話を聞くおふたり。



職場体験を通して学んだこと

私は元々国際関係に興味があり、希望した職業だったので、この職場体験はとても楽しみにしていました。そして初日から今日まで充実した4日間でした。
3人の相談員の方とお話させていただいた際は、社会の勉強を通して知ることのできない、他の国の方から見た日本の良さや、文化や食べ物の違いに気づくことが出来ました。
日本語講座では、色々な国の方が一緒に講座を受けており、積極的に発言をしていて明るくて楽しい雰囲気があるのが印象的でした。場面に応じての簡単な会話から始まって、日常生活で使われる言葉や、注意が必要な難しい表現に入っていくスタイルの授業でとても分かりやすいなと思いました。先生方の工夫がたくさん盛り込まれているのだと思います。
国旗の整備をした際は、整備をしながら「どうしてこのデザインになったのか」と考えました。その国旗のことをよく調べてみると、その国の歴史的背景が見えてきて、国旗には深い意味があることが分かり勉強になりました。
また、ストレスケア講座のアンケートを見て、外国人の方にカルチャーショックをうけた方がたくさんいらっしゃることを知り、そのストレスを解消する方法が分かる、このような講座があることは魅力的でとてもよいと思いました。
その他の活動もとても充実していて、初めてのことがたくさんありました。このような事業所があり、宮城県に住む外国人や、様々な方の役に立っていることはとても素晴らしいことだと改めて実感しました。(m.u)




このブログ記事について

このページは、MIAが2014年11月21日 19:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とめとめ」です。

次のブログ記事は「吉報届く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。