南三陸からやって来た「ゆめ多幸鎮 オクトパス君」

octopus_kun.JPG

「ゆめ多幸鎮(たこちん) オクトパス君」です。
「日本語ボランティア養成講座」で南三陸町に行った際に入手しました。

もともと、南三陸町の特産品である蛸をキャラクター化して、「蛸=オクトパス」→「置くとパス」ということで合格祈願として人気を集めていました。

3.11の津波で工房、お店とも流失してまったのですが、有志の方々が工房を再開して復興のシンボルとして復活させたもので、売り上げの一部は被災地への支援金となるそうです。

ずんぐりムックリの愛らしい姿と、もともとの人気の由来となった、バイリンガルの(?)斬新なダジャレに心を奪われ、連れて帰ることにしました。

鉄製の「文鎮」なので、心して持たないと落っことしそうになるほどズッシリ重いオクトパス君。
私用で飛行機に乗る際、知人への土産にしようと手荷物に紛れ込ませたところ、X線でその姿を検出されてしまい、危険物かと疑われてしまいました(笑)。

もともと赤と金の2種類だったのが、どうやら最近は更にカラフルに展開している模様です。
MIAの職場でも、なかなか評判が良いようですので、興味のある方は、「南三陸復興ダコの会」のウェブサイトをご覧ください。
http://ms-octopus.jp/



P1120069_2.JPG

「日本語ボランティア養成講座」第三回の様子。
翌日には臨時議会を開くことになっていた、町役場仮庁舎の会議室をお借りしました。

 

(O.T.)


 

このブログ記事について

このページは、MIAが2011年12月 2日 10:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MIA多言語かわら版vol.34」です。

次のブログ記事は「続トモダチ作戦参加者の声 其の壱拾参」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。