日本語を母語としない子どもと親のための進路ガイダンス

先週の金曜日、「日本語を母語としない子どもと親のための進路ガイダンス」のミーティングに参加してきました。

この「進路ガイダンス」は、外国出身の中学生とその保護者に、卒業後の進路を考える際に必要な情報を伝えたり、個別の相談に応じたりして、進路決定に役立ててもらおう、という目的で開くものです。

日本の学校制度や高校入試、学科の種類などについて多言語で解説した「進路ガイドブック」を作っていて、それを基に通訳付きで説明が行われます。

子どものサポートをしている団体、通訳支援をしている団体、研究者、教員、団体には属していないけれどこの分野に興味にある方、国際交流協会・・・などが実行委員会のメンバーとなり、定期的に集まって事業の中身を組み立てています。

今年で3回目となるのですが、今年は初めて「保護者からの体験談」を聞く時間を設けることになりました。事業名が「子どもと親のための・・・」となっているように、このガイダンスには、子どもたちだけでなく、保護者もいらっしゃいます。同じ保護者の立場から具体的なお話をしてもらえれば、きっと参考になると思います。

今年のガイダンスは10月1日(土)の開催です。詳細はガイダンス実行委員会のウェブサイトでご覧のうえ、対象となりそうな方にお知らせいただければ嬉しいです。

http://shinro-miyagi.jimdo.com/

 

昨年度のガイダンスの様子

guidance2010_mia_2b.JPG

(O.T.)

 

このブログ記事について

このページは、MIAが2011年9月 1日 18:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「"MIA多言語かわら版"編集中!!」です。

次のブログ記事は「MIA事務所の耐震補強工事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。